KuraNetのこだわり

Born in Japan, Develop in Your country

Kura Netは世界中の人たちにもっと日本酒を身近に感じてもらいたい。世界中の飲み手と繋がって、「飲みたい味」を一緒に追求していきたいという思いから立ち上げたブランドです。

地元の食や好みに合わせてみんなで「地元のSAKE」を作って、いつか世界中に地域の特性が反映されたそれぞれの「地元のSAKE」が根付いてほしい。

これからの「Kura Net」を一緒に作ってくださる方、募集中です。

 

こだわり①

 こだわり2

Kura Netは、飲み手のみなさんと一緒にこのブランドを作っていきたいと考えています。

地域によって、魚料理が多い、肉料理が好まれる、スパイシーな味付けが多いなど食の系統も違えば、スポーツ観戦しながら飲みたい、BBQと一緒に、家でゆっくりしながら飲みたい、と飲むシチュエーションも違うと思います。

そこで、KuraNetは、飲み手のみなさんからの意見を聞きながら、地元に合ったSAKEを展開していきます。ぜひ一緒に好みの味わいを作り、地元に合いそうなラベル展開などを一緒に行いませんか?

将来的には、KuraNetでみなさんと作り上げたお酒がその地元の”my local Sake”となり、旅先で全く新しい地元の"my local sake"に出会える。そんなSake体験も提供できたらと考えています!

こんなお酒が欲しかった!そんな思いをKuraNetで一緒に叶えましょう!

興味のある方はこちらのFBページで「Team Kura Net」に参加してください!

 

こだわり②

こだわり1

日本酒飲みたいけど、どれを選べばいいのか悩む。好みの味わいかわからないのに、720MLを購入するのはちょっとためらう。

そんな時ありませんか?

Kura Netのお酒はすべて300MLのサイズで展開しています。小さいサイズにすることで、手に取りやすく、飲みきりやすくしています。

味わいの基準となるようなドライなもの、香りが良いもの、食事に合うもの、にごりとあえて味わいが大きく異なる味わいを用意することで、自分の好みがわかりやすくなっています。自分の好みがわかれば日本酒を選ぶのが楽しくなっていきます。自分の好みの味を見つけて、様々な日本酒にトライしてみてください。

 

こだわり③

こだわり3

日本酒と言ったら日本食と一緒に楽しむもの?確かにその通りですが、私たちはその概念を壊していきたいと考えています。日本だって、毎日寿司や刺身を食べる訳ではありません。それでも自然と日本酒が食卓に並んでいます。

それは日本酒はお米から作られているお酒だから。正直に言えばほとんどの食材に合うお酒なんです。簡単に家で作れるおつまみと日本酒のペアリングを紹介します。

また、日本酒は冷やしてお猪口で飲む。それも気にしすぎなくて大丈夫。

家にあるワイングラスやショットグラス、好きなグラスで飲めばいいんです。飲み方だって自由。アイスにかけてみたり、はちみつ入れてみたり、家でカクテルの割材として使ってみたり。

もっと日本酒を自由に楽しめる。そんなアイディアをお届けします。